2011年03月23日

レシピ・ハタハタの脂と熟成したコチュジャンの旨味、ハタハタのチョリム(煮付け)

こんにちは、ミオクです。
東北地方太平洋沖地震で被災された方々に、
心からお見舞い申し上げますとともに、
復興に携わっている方々、自衛隊や消防の方々、
本当にありがとうございます。

韓国では今、「がんばれ日本」という想いの中、
日本に義援金や救援物資を送ろうという動きがとても活発です。
ソウル在住の私の友人も、みんな送金を終えたと言っていました。
まだまだ大変な時期が続きますが、
私も、出来る事を一つずつやって行きたいと思っています。

さて、1週間ぶりの韓国料理レシピです。
今回は「ハタハタのチョリム(煮付け)」です。

DSC01553.JPG

ハタハタは、ウロコがなくぬるっとした白身魚ですが、
はずれやすく弾力のあるプリプリとした身には、独特の旨味があります。

一夜干しで焼いてもよし、煮付けにしてもよし、
韓国でもよく食べられるお魚です。

今回は、
この「ハタハタ」をコチュカル(赤唐辛子粉末)・コチュジャン(韓国赤味噌)・
お醤油をベースにしたヤンニョム(合わせ調味料)でチョリム(煮付け)にしました。

一口頬張れば、ピリッとした辛味の後、
ハタハタの脂の旨味と、熟成したコチュジャンとお醤油の旨味が、
お口の中に溶け込みます。

一緒に煮付けたタマネギも、旨味をたっぷり含んで絶品です。
タマネギがなければ、大根でもこれまた美味しい。

DSC01559.JPG

それではレシピです。

【材料(2人分)】
 ・ハタハタ・・・6尾
 ・タマネギ・・・2個(大根で代用可)
 ・ネギ・・・1/2本

【ヤンニョム材料】
 ・水・・・100ml
 ・醤油・・・大スプーン2
 ・砂糖・・・小スプーン1
 ・コチュカル(赤唐辛子粉末)・・・大スプーン1.5
 ・コチュジャン(韓国赤味噌)・・・小スプーン1
 ・おろしニンニク・・・小スプーン1
 ・コショウ・・・少々
 ・オリーブオイル・・・小スプーン1

【作り方】
 1.ハタハタは内蔵を取り、きれいに洗います。
 2.タマネギは2センチの厚さに半月切りにします。
 3.ネギはみじん切りにします。
 4.ヤンニョム材料をよく混ぜ合わせます。
 5.フライパンにハタハタを敷き詰め、回りにタマネギを置き、上からネギを散らします。

DSC01540.JPG

 6.5の上に4のヤンニョムをかけます。

DSC01546.JPG

 7.蓋をし、強火で5分、中火で5分煮込んで出来上がりです。

DSC01556.JPG

ミオクでした。

ミオクの韓国料理レシピが4点掲載された「お料理@LEE vol.2」はこちら。

お料理@LEE vol.2 みんなのミカタ 豚肉! (お料理@LEE)

ミオクが伝授する35種類のチヂミレシピはこちら。

ミオクが伝授する本場韓国のチヂミレシピ35選

ランキングに参加しています。
ボタンを1つ「ポチッ」とクリックすると1ポイント入ります。応援お願いしま〜す。
 ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ にほんブログ村 料理ブログ 韓国料理(レシピ)へ recipe_blog_1.gif
posted by ミオク at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
商品紹介(大).jpg
ラティース太陽光発電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。